東京理科大学理工学部 応用生物科学科

  • アクセス
  • サイトマップ
DownLoad

学科紹介

学科主任挨拶  (東京理科大学 理工学部 応用生物科学科)

東京理科大学は「実力主義」を掲げ、基礎教育を重要視しています。応用生物科学科も大学で学んだことが卒業後30年たっても役に立つように、特に1年次には、自然科学の基礎教育に力を注いでいます。1年次後期から「生物学」の基礎を学び、2年次から3年次にかけて、微生物から高等生物までのさまざまな生物現象の分子・細胞レベルでの解明を学び理解して、未知の新しい現象に対応できるような教育を目指しています。4年次には各研究室に分かれて、研究の最前線に立ち会い、研究の立案から遂行までを体験します。そして、大学院進学者に対しては、修士課程の6年から博士課程の9年までの一貫教育ができる体制をつくっています。本学科で学んだことを正しく理解し発展させて、社会や研究分野のリーダーになって欲しいと全教員が願っています。また、勉学ばかりでなく、クラブ活動やクラス仲間との体験も、将来社会にでたときに活かしてほしいと願っています。

学科理念

応用生物科学科は、生物科学の各分野にまたがる領域を全国に先駆けて統合して体系化しました。その意図するところは、微生物から高等生物にいたる生命現象を様々なレベルで解明する生物科学と、それを基盤とする応用技術を身につけた人材を育成するところにあります。1年次では専門基礎を体系的に学ぶことを目標に、バイオサイエンスの基礎となる科目を学ぶとともに、専門科目の導入を用意しました。2年次では応用力を磨くことを目標に、生命科学のコアとなる科目、さらに生命機能を巧みに利用、改変して有用物質の生産や医療、地球環境の保全に役立つバイオテクノロジー関連の講義、演習、実験を用意しました。3年次では多様な専門科目を選択し、学生の学問に対する意欲と自主性を尊重し、多様な選択に応えるよう幅広い専門選択科目や特別講義を用意し、4年次では集大成としての卒業研究を必修科目とし、研究室に所属して教員の指導の下、大学院生との活発なディスカッションを通して専門テーマを追求します。

学科紹介

研究分野・対象

本学科は、微生物から高等動植物に至る多様な生命機構を主として細胞や分子のレベルで解明する生物科学と、それを基盤とする応用技術を研究することにより、バイオサイエンスの基礎から応用にいたる知識と創造力を身につけた人材の育成を目指しています。

学科の特徴

学びやすい体系化されたカリキュラムと最新の設備のもと、学生の個性と自主性を尊重し、創造性に富む科学者としての基礎を育てます。1年次の基礎課程から専門科目を織り込み、専門の研究者と学生のふれあいを大切にした講義を行っています。女子学生の比率が比較的高いのも本学科の特徴です。

学びの特徴

バイオサイエンス(生物科学)は、生命の営みを究明し、得られた成果を科学技術として応用する学問であり、医学、食料、資源、エネルギー、環境といった人類にとって最も重要な課題と非常に深く結びついた最先端の分野でもあります。独立した学問としての応用生物科学の歴史はまだ浅く、その研究領域は従来の大学制度では、理、工、農、医、薬など諸学部に分散していました。本学科は、こうした諸領域を統合した新しいスタイルの学科として、1976年に全国に先駆けて誕生しました。その後全国に類似の学科の開設を促したことも、本学科の誇りある歴史となっています。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受入れの方針

建学の精神と実力主義の伝統に基づく、応用生物科学科の基本理念のもと、

  1. 高等学校段階までの基礎知識と思考力、判断力、表現力を備え、専門分野の学習に必要な学力を持つ人、
  2. 将来広く国内外で国際的な視野を持って活躍するための基礎的な素養を身に付けている人、
  3. 自らの考えを表現する力を備え、主体的に多様な人々と協働して学ぶ意欲のある人、
    を多様な選抜方法により広く求める。

【入試形態ごとの入学者に求める能力と、その評価方法】

(A方式入学試験)
 幅広い科目に対する基礎知識と思考力、判断力を持つ人を、大学入試センター試験の得点を用いて選抜する。

(B方式入学試験)
 学科の特性に見合う基礎知識とそれを応用する能力及び思考力、判断力を持つ人を、独自の学力試験の得点を用いて選抜する。

(C方式入学試験)
 理数系科目を中心に幅広い基礎知識と思考力、判断力を持つ人を、本学独自の学力試験と大学入試センター試験の得点を用いて選抜する。

(推薦入学試験)
 高等学校段階までの基礎知識と思考力、判断力、表現力を持ち、自ら学ぶ意欲のある人を、書類審査、小論文、面接等により選抜する。

(帰国子女入学者選抜、外国人留学生入学試験)
 海外で身に付けた能力を持ち、自ら学ぶ意欲のある人を、大学入試センター試験の成績、資格・検定試験の成績、小論文、面接等により選抜する。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針
  1. 生命の本質を探究する理学とその知見を応用する学際的な分野との連携のもとに、自然・人間・社会に係る幅広い教養を加え、教育・研究を展開し、新たな科学技術を創造するという応用生物科学科の基本理念に基づいて、本学科で定める人材育成等に関する目的を実現するための学士の教育課程を編成する。
  2. 真に実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統を堅持し、厳格な教育課程を実践する。
  3. 段階的な知識の修得を図るため、一般的素養を深めるための「一般科目」、各専門分野の基盤をなす「基礎科目」、各専門分野に応じた進路に必要な能力を養うための「専門科目」の3種類の授業科目を体系的に配置する。
  4. 「一般科目」では、自然・人間・社会を幅広く俯瞰できる能力、論理的・批判的思考力、コミュニケーション能力、国際性、自己管理能力を養う授業科目を効果的に配置する。
  5. 英語教育においては、少人数クラスや習熟度別クラスを取り入れ、学習効果を高める主体的な学びを導く教育を行う。
  6. 「基礎科目」では、初年次より「基幹基礎科目」、「専門基礎科目」、「関連専門基礎科目」の授業科目を効果的に配置し、併せて学生が自ら学ぶ学修時間を確保し、基礎学力を強化した上で、「専門科目」との接続を図る。
  7. 「専門科目」では、細胞生物学、分子生物学、生化学、生物有機化学、生物物理学、環境生物科学の6つの領域を中心として、講義の他に、多くの実験、実習、演習等の授業科目を重点的かつ効果的に組み合わせることで専門知識を深化させ、併せて他の授業科目との関連や学問探求の方法を学び、問題発見・解決能力の育成を図る。
  8. 「一般科目」「基礎科目」「専門科目」では、各専門分野に応じたキャリア教育、倫理観を養う内容を含む科目を配置する。
  9. 学士課程の集大成として、最終学年次に卒業研究を配置する。
  10. 教員を目指す学生のために教職課程科目を配置する。
  11. 生物科学の分野にとらわれず、幅広く関心を持ち学修できるよう、野田キャンパスの他学部・理工学部の他学科間の履修や大学院科目の先行履修を可能とし、学生の学習意欲の向上を図るとともに、多様な学習ニーズに応える教育課程とする。
[ディプロマ・ポリシー] 学位授与の方針

実力主義の伝統を堅持しつつ、高い専門性と倫理観、国際的な視野を持った生物科学の基礎と応用を習得した人材の養成を目標とし、以下の知識、能力等を身に付け、本学科で定める所定の単位を修得した学生に対して、卒業を認定し、学士(理学)の学位を授与する。

  1. 自然・人間・社会に係る幅広い教養を修得し、専門分野の枠を超えて横断的にものごとを俯瞰できる能力。
  2. 本学科の学問分野に応じた基礎学力と、その上に立つ専門知識。
  3. 修得した専門知識や教養をもとに、自ら課題を発見し、解決する能力。
  4. 修得した専門知識や教養をもとに、他者とコミュニケーションをとり、国際的な視野を持って活躍できる能力。
pagetop
| Home| 学科紹介 | 研究室/教員紹介 | 進路・就職情報 | 卒業生の方へ | 受験生の方へ | お問い合わせ | アクセス | サイトマップ |
東京理科大学
〒278-8510 千葉県野田市山崎2641